やっぱり 山下達郎が最高!   -   山下達郎の大ファンである管理人が、山下達郎に関するあれこれを書いています。

 
山下達郎.org やっぱり山下達郎が最高!



■ グッズ / コレクション ■   布谷文夫 「 悲しき夏バテ 」 デラックス・エディション


sponsored links  
 



  ( 2016-11-14 )   山下達郎 : TOPページ


  今週じゃなくて先週(11/6)のサンソンでの特集、「 もっかい汽車で棚からひとつかみ / 邦楽編 」 。

大滝さんの 「 さらばシベリア鉄道 」 がオンエアされましたが、曲が終わった後で達郎さんが 「 大滝
詠一さんがお亡くなりになられて、早くも3年近くにります 」 といったことを申しておりました。


… しかし本当に早いですね。あれからもう3年ですか。

大滝さんが亡くなられたのは、2013年12月30日。(享年65歳)

報道されたのは翌日の午前でしたが、あの時の衝撃は本当に大きかった … 。


話変わりますが、その大滝さんと切っても切れない関係にあった、布谷文夫さん。(布谷さんもすでに
亡くなられています)

「 ナイアガラ音頭 」 「 呆阿津怒哀声音頭 」 「 Let's Ondo Again 」 などの音頭もので、ナイアガラ
ファンにはおなじみです。


そのナイアガラ以前の1973年、布谷さんは唯一のソロアルバム 「 悲しき夏バテ 」 をリリースして
います。

全10曲中3曲を、大滝さんがプロデュース(アレンジも)しています。(他の7曲は布谷さんのプロデュ
ース)


で、この 「 悲しき夏バテ 」 の最新リイシュー盤が、2014年にリリースされた 「 悲しき夏バテ : デラッ
クス・エディション 」。

(参照) http://katsuaki.xsrv.jp/20140520.html


上記リンク先にも書いていますが、シングルバージョンおよびライブテイク全7曲が、ボーナストラック
として追加収録されています。

7曲の中の、1974年の池袋シアターグリーンのライブ ( = オムニバス・コンサート ) での、「 冷たい女 」 と 「 深南部牛追唄 〜 大阪へやってきた 」 。

達郎ファンが注目したいのがこの2曲。


この時の様子が収められた LP 「 1974 ホーボーズ・コンサート V ありがとう ありがとう ありがとう 」
には …


Vocal : 布谷文夫

E.Guitar : 伊藤銀次

E.Guitar : 村松邦男

E.Bass : 藤本雄志

Keyboards : 矢野 誠

Drums : 上原 裕



とクレジットされていますが、実はこれは誤りでして、実際当日 Keyboards を弾いていたのは達郎さん
なんだそうです。


「 オリジナルLP “1974 ホーボーズ・コンサート V ありがとう ありがとう ありがとう” では 矢野誠 :
  Keyboards とクレジットされていますが、伊藤銀次さんやこのライヴを当日見られた方の証言に
  基づき、誤字も含め修正しました。 」



と、ライナーには注釈があり、下記のように表記されています。


クレジット 1

クレジット 2


珍しいですよね。 達郎さんがキーボードで参加って。

そういった意味でも、貴重なライブ音源だと思います。


ちなみにこの 「 悲しき夏バテ : デラックス・エディション 」 ですが、“デラックス” というだけあって、
ライナーのほうも大変に充実しています。

当時レコーディングに参加している(伊藤)銀次さんへの、約6ページに渡るボリュームのあるインタ
ビューが掲載。

銀次さんと布谷さんの出会い、大滝さんと布谷さんの出会い、当時のアルバムのレコーディング状況
など。

上記の、達郎さんのキーボードの件にも触れられています。


「 “ホーボーズ・コンサート” の時は、元々福生で練習していた時に達郎君も入ってくれたんです。
  (中略) LPのクレジットでは矢野さんが入ってるけど、本当にいたかな? 恐らく達郎君が弾いている
  キーボードが(誤って)矢野さんってクレジットされているんだと思いますね。 」



… と。


当の達郎さんは当時のライブのこと、覚えているのでしょうか?


【 悲しき夏バテ 】 デラックス・エディション
 
( 下記画像から、試聴が可能です )

布谷文夫 / 悲しき夏バテ 1布谷文夫 / 悲しき夏バテ 2


コメントは こちらから

【 カテゴリー 一覧 】

コンサート

ニュー・リリース情報

メディア登場情報

山下達郎 オフィシャル・ファンクラブ

ファンクラブ会報 「 タツローマニア 」 到着

「 タツローくん 」 カレンダー

グッズ / コレクション

山下達郎 サインギャラリー

歌詞

関係各位

達郎作品 vs 洋楽作品

洋楽の先生、達郎先生

「 レコード・コレクターズ 」 誌

レコード・コレクターズ誌 「 私の収穫 」

邦楽作品のカバー

私の達郎編集盤

アンケート

誕生日

アルバム・ディスコグラフィ

サンデー・ソングブック - プレイリスト ( 1995年 〜 2000年 )

サンデー・ソングブック - プレイリスト ( 2001年 〜 )

その他の話題


                           sponsored links

 
 


sponsored links  
 


     





Copyright ©    山下達郎.org | やっぱり 山下達郎が最高!